携帯、スマホから出るブルーライトの正体、悪影響をさぐる!しかし実はブルーライトはなくてはならないものだった??

睡眠を妨げるブルーライト。知ってるようで深くはしらないブルーライトの正体を細かく見ていきましょう。

スマホから出るブルーライトの正体、悪影響をさぐる

・ブルーライトとは

・ブルーライトを発するもの

・ブルーライトの悪影響

・サーカディアンリズムとは

・逆にブルーライトがいい影響を与える場合

・ブルーライト対策はどうすれば?

 

ブルーライトとは

ブルーライトは人間が見ることのできる光で一番強く波長が短いのが特徴です。380~500nm(ナノメートル)の波長で角膜や水晶体で吸収されることなく網膜まで到達し眼や身体に大きな負担をかけます。

400nmより波長が短くなると紫外線と呼ばれるのでブルーライトは紫外線に限りなく近いものです。

 

紫外線は皆さんの知っている通り日焼けの原因です。それと同等のものが角膜や水晶体のブロックもなく目に入ってくることを想像すれば、どれだけのダメージを目が受けるかは明らかですよね。

昔よりLEDライトが一般化され、ブルーライトにさらされる時間が圧倒的に増えてきました。

その背景には省エネやテクノロジーの発展がありますが、その分私たちはブルーライトや電磁波に気を付けなければなりません。

 

 ブルーライトを発するもの

太陽

デジタル機器のスクリーンモニター

テレビ(フラットスクリーン)

パソコン(デスクトップ、ノートパソコン)

スマホ・タブレット

ゲーム機

ライト(蛍光灯、LED

その他の主に液晶が付いている電化製品

 

ブルーライトの悪影響

ブルーライトは睡眠ホルモン(メラトニン)の分泌を妨げてしまい、サーカディアンリズム(後述します)を狂わせてしまいます。

他にも

ドライアイになる可能性がある

目のかすみ

焦点を合わせづらくなる

網膜を痛める危険性がある

加齢黄斑変性症(かれいおうはんへんせいしょう)の原因になる。

 

他にも目の症状以外に、頭痛、首こり、肩こりも慢性して起こるようになります。

 

サーカディアンリズムとは

ブルーライトが影響する、サーカディアンリズムについてお話しします。

24時間周期のリズムをサーカディアンリズム(概日リズム)といいます。

 

人間の体は、例えば朝昼晩にはお腹が空いたり夜にはちゃんと眠くなったりと適切な時間に必要なホルモン分泌が起こったり生理現象が起こるようにできています。

これは体内時計のようなものなので、夜に太陽に含まれる光(ブルーライト)を見てしまうと、体が朝だと勘違いしてこのサーカディアンリズムを狂わせてしまうのです。

 

逆にブルーライトがいい影響を与える場合

逆にブルーライトを効果的に使うことで不眠症改善に役立つ場合もあります。

 

→朝に太陽光(ブルーライト)を浴びることで、サーカディアンリズム(生活リズム)を正常に整えます

またブルーライトには気分を明るくする効果があると言われています。

 

そして、記憶力を向上させるとも言われていますが、これについてはまだ物議をかもしだしています。

 

ブルーライト対策はどうすれば?

対策としてお金をかけずにできるものは、まずスマホ自体の液晶の明るさを下げることです。

一番手軽で画面が暗くなるので目に見えて効果がわかるはずです。

今では携帯の設定でブルーライトを軽減できるものもあるのでチェックしてみましょう。

 

またブルーライトカットのアプリも無料で良いものがあるので探して見るのも良いのかもしれません。

私は家ではブルーライトをカットするメガネ(PC用メガネ)を使っているので夜も安心してパソコン等をいじっています。

やはり、長時間PC用のメガネをしながらパソコンをしていると、目への負担が減っているのを感じます。

 

そして現代では欠かせないコンビニの蛍光灯にも、ブルーライトが含まれているのでなるべく夜にコンビニに行くことは避けた方が無難です。

 

夜にブルーライトを見ないようにするのは難しいですが、少しでも意識して行動してみましょう。
 

あわせて読みたい